■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2017年10月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■POWERED BY■
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■WEBMASTER■
  • 氷無月洸弥(KouyaHinazuki)
  • 連絡 : webinfo なんとかマーク wastefields.com
■LINK■

試聴
まだまだ全然修羅場中だけど全曲新作ってことだからとりあえず1つくらい試聴曲アップしときます。

Phantom Dreamdust (試聴版)

曲数相変わらず未定だけど4~6曲のミニアルバムで、タイトルは↑の曲名と同じPhantom Dreamdustになる予定。
タイトル曲ですな。
ただまぁ、結構いろんなタイプの(でもいつもの氷無月らしい)曲が揃ってる感じなので、他の曲はどんなことになるやら。


閑話休題。
VOCALOIDシリーズは今まで4つ使ってきたけど、音質とか声質とか除いて使いやすさだけで言えば、
初音ミク=>Meiko>>巡音ルカ>鏡音リン・レンact2>>鏡音リン・レン(初代)
だと思う。
ただしMeikoさんは滑舌よくさせるのが難しい。その分、リンレンルカみたく変な切り方しないけど。

まぁ何が言いたいかって。
……予想以上にルカの歌声の調整に手間取ってて時間やべーってことです。
作業に戻ります。

| 音楽制作 | 00:38 | comments (0) | trackback (x) |
夏コミ進捗
とりあえず完成の目処がたったので新譜出ますー
6曲入り巡音ルカミニアルバム……になる予定。
当然のごとくまだ完成してない曲あるので曲数減るかもです。
全曲新曲って辛いね!

とりあえずあと5日くらい、やれるだけやって新曲お届けします。

| 音楽制作 | 22:42 | comments (0) | trackback (x) |
超散財
GWどこにも行かなかった代わりにーとばかりにいろいろ買ってしまった。


まずこれ。
Real Strat
Real Strat

前から買おう買おうと言ってたけどもついに購入。
ギターの打ち込みがとても楽です。今後作る曲は思わずエレキギターのパートが増えそうな予感。


そしてこれ。
Guitar Rig 3 XE
Guitar Rig 3 XE

有名なギターアンプシミュレータの廉価版。
Real StratにもAmplitube 2 Duoっていうアンプシミュレータが付属してるんだけども、体験版を使ってみてGuitar Rig 3の音がどうしても良かったので勢いで買っちゃった。
Real Stratの音がとても自分好みな感じにできます。今後作る曲は思わず以下略。


さらにこれ。
Aria Pro II MAB-380
Aria Pro II MAB-380

エレキベースです。
……ってこのタイミングで言うと絶対に「けいおん!」の影響なんだなーとか思われそうで大変遺憾ですが、実際全然違います。
そんなわけないじゃん。確かに楽器屋行くとけいおんポスター貼ってあったりするけどさ。
そんな漫画やアニメに影響されて楽器買うとか、まさかまさか。

さよならピアノソナタ」(ライトノベル)の影響に決まってるじゃないか!

いや、さよならピアノソナタは凄く良いよ?
超バンドやりたくなるよ?(実際始めた
超合宿行きたくなるよ?(実際7月に行く予定
超ベース弾きたくなるよ?(というわけで買いました

「けいおん!」の影響でFenderのJB62が売れてるとか、関係ない関係ない。
「さよならピアノソナタ」の主人公ナオくんが持ってるからAria Pro IIですよ。
あと著者の杉井光氏の影響も大。
ちなみに僕とウチのバンドのリーダーの間で今、杉井光&いけぬこ研究会(池袋近辺在住のライトノベル作家の集まり)がプチブーム。
どのくらい好きかって言うと、さよならピアノソナタのヒロインの愛称と同じ名前のお店に杉井さんが行ってたってブログを見て、
まふまふ
実際にその店に行ってみたくらいには好きです。まふまふ。(ちなみに自宅から結構近い)
マフィン美味しかったよー
というわけで、練馬のRJとしてはiRJsには負けられないわけです。練習だー

……何の練習するのか。とりあえずギターとベースとシンセサイザーは揃ったんだけど。
とりあえず目標としては、1曲バンドモノをオリジナルで作って、ボーカル・ギター・ベース・キーボードは生で録るって感じでやってみようかな、と。
家が広ければエレクトリックドラムも欲しいんだけどなー(何を目指してるんだ


というわけでかなり散財しちゃったので、またしばらく遊びに行くのは控えて音楽漬けな生活しようかな、と。
夏コミはバンドモノのCD出します。

| 音楽制作 | 23:19 | comments (14) | trackback (x) |
体験版いろいろ
Cubase5を5.01にアップデートしたら起動しなくなりやがりましたコンチクショウ。
再起動やらいろいろやってたらいつの間にか起動するようになってて、原因はさっぱり不明。

でまぁ、GWくらいからいろいろ環境改善しようと(曲作れ)フリーの音源やら体験版やらをいろいろ使ってみてるわけですが、

とりあえずReal Stratはすぐ買おう。

だいぶ前から言ってたけども今回初めて体験版試してみた。これはいいなぁ……
音は置いといて、キーボードでギター演奏するのが楽しい。
あと打ち込みが相当楽。今まで6弦を再現するのに6つの音置いてタイミングとベロシティ微妙にずらして……とかやってたのが1つ置くだけでOK。
むしろこれだったらキーボードからリアルタイム入力でいけるなぁ。
6フレットくらいまでしか有効になってなくて高い音出せないのが不満だから早く製品版にしたい。

で、Real Strat使うならアンプシミュレータが必須で、一応Amplitube2Duoが付いてるんだけど、
いかにも廉価版らしく、いろんなとこでいちいちUpgradeしやがれってメッセージ出すのがなんか嫌。
エフェクターなんかほとんど無効になってるし……(まぁCubase側でかければいいじゃん、って話ではあるけど)
で、GuitarRig3XEがほどほどの値段で売ってるからそれ買ってみようか、と思ってGuitarRig3の体験版を使ってみる。
どうもGuitarRig3デモ版使ってるとよくエラーで落ちる…… だいたい、音鳴らしながらアンプモデル切り替えると落ちるから、切り替えるときは音鳴らすなってことか。
Cubase5側が不安定なのかと思って最新版を入れようとしたら、この記事の一番最初へ……

音自体はAmplitube2DuoよりもGuitarRig3XEのがやや好き。(デモはフルverのだけどXE搭載のアンプしか使ってない)
あとGuitarRigの方はプリセットがエフェクター込みでいろいろ入ってて、何も考えずに使うにはこっちのがいろいろできそう。
正直ギタリストじゃないからどこをどういじったらどんな音になるとかよく分からないしね……(覚えようとしてください
ベースアンプも期待してたけど、元の音がよくないのかなんなのか、あんま期待した音にならないからそっちはとりあえず置いとく。
そんなわけで、GuitarRig3XEのが良さそうなのは間違いないけど、追加で買ってまで欲しいかというと……うーん、欲しいっちゃ欲しいけど。
もうちょっと使ってみてから決めよう。


最近はソフトシンセメインで作ってて、HALionONEがメインなんだけど、やっぱりベンドレンジが無効になってるのが我慢できないときがある。
なので、ベンドレンジ変えないとどうしようもないときだけ別のソフト使おうと思って、フリーで評判のいいIndependenceFreeを落としてみる。
最初よく分かってなくて「ベンドレンジ変えられねー!」って知り合いに言っちゃったりしてたけど、ちゃんと調べたら変えれました。
音色数はあんま多くなさそうだけど音質はフリーにしては相当良いんじゃないかと。
というかフリーでこんな音手に入れられるなんて最近は良いなぁ……と思わずにはいられないXG音源世代。
エレキベースはMOTIFのよりこっちのが好きだったからベース音源買うまではこれにお世話になりそう。


で、なんかブランク長すぎてオリジナル曲の制作が進まないもんで機材試しでDon't say "lazy"とか耳コピってみる。
おおお、ギターとベースとドラム(今回はGrooveAgentONE使用)が昔より格段にそれっぽくなった。
あとシンセパートにAnalogFactory(KX61付属)使ってみたけど、良い感じ。個性的すぎて使いどころが難しそうな感じではあるけど。

とりあえずエレキギター満載なオリジナル曲を1つ作ってみたいところ。
なんかどう頑張ってもロックな感じにならずに氷無月なジャンルになってしまう。なんとか氷無月から抜け出したい。

| 音楽制作 | 22:21 | comments (2) | trackback (x) |
Cubase5
Cubase5
Cubase5到着。

操作性は今のとこ4.5とほとんど変わったところは見当たらないけど(設定周り全部引き継いでるし)、
とりあえずGrooveAgentONE使ってみたら……

すげーいい!
プリセットの音がかなり好みのキットが多い。HardRockKitとか良い感じなんで多用しそう。
あまりバリエーションは多くないしいじれるパラメータも多くはない(HALionONEよりはずっとマシ)けど、
その分デフォルトの状態でそこそこ聴ける感じかなーと。
BATTERYと同系統かと思ってたけど、BATTERYの方は結構いじったりエフェクトかけたりしないときついかなぁ。
面倒くさがりの人はGrooveAgentONEのが向いてるかも。
でも特殊なパーカッションの音とか欲しいならBATTERYのがいい。
とりあえず住み分けはできそうだから、曲によってGAOne使ったりBattery使ったりって感じで。

HALion Symphonic Orchestra 16bit評価版も使ってみてるけど、やっぱオーケストラ専用音源だけあって良い。
MOTIFのストリングスも嫌いじゃないしポップスやロックで使うなら問題ないけど、生っぽさは全然違うからそういうの求めるときはこっち使うか。
HSOは90日限定ライセンスなんだけども1万ちょいで無期限にできるっぽいんで、使ってみて良さそうならその方向で。
ただVST Expressionの使い方はまだよく分からん……

で肝心のVariAudioはまだ試してないです。
昔のボーカルデータは補正前のやつ残ってないし……
でもとりあえず現時点ではアップグレードして良かったかなーという感想。
とりあえず追加した音源使ってなんか作ってみよう。

| 音楽制作 | 19:19 | comments (2) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑